カテゴリー: 未分類

動画制作会社に依頼を

動画広告には3種類あるといわれ、インストリーム動画広告とインバナー動画広告、インリード動画広告があり、それぞれいつユーザーに動画を見てもらうかなどのタイミングや具体的な方法などが異なっています。

また、映像のジャンルも様々なジャンルがあり、CG・実写・アニメーションなどのジャンルなどがあります。動画広告を作成するには、これらの技術だけでなく、マーケティングの観点から、いつ、どのようなユーザー層に、どの方法で広告を見てもらえばもっとも高い成果が得られるのかといった、動画と広告動画のマッチングなどの知識なども必要になってきます。

そのような点からいえば、動画広告を考えている場合には動画制作会社に依頼することがおすすめです。動画制作会社は、これまでの広告活動などの蓄積で、効果的なノウハウを有しているため、このような点を効率的にカバーして、最も効果的な動画広告を行ってもらうことができるといえます。

現在、膨大な数のユーザーが自宅や外出中に動画を利用しています。動画瀬作会社に依頼すると、タイミングやターゲットユーザーや価格帯といった点を戦略的に絞って、見込み客にアプローチしてもらえるというメリットがあります。

CG・実写・アニメーション

一口に映像といっても様々なジャンルがあります。そこで、CG・実写・アニメーションなどのジャンルについて紹介します。

CGはコンピュータグラフィックスというコンピュータの仮想空間に3Dで描画するアニメーション技術を用いた動画広告のジャンルです。CGはCGを専門とする技術者によって制作され、CGのキャラクターや建物などが制作できます。実写は、現実にいる人間や風景などをメインに流す映像技術のことです。実写はCGなどのアニメの制作と違い、作画の必要はありません。撮った時点でメインの映像は完成していますが、実在の人や物の撮影をするという特徴性があり、高い演技力や撮影能力などが必要とされます。最近では、実写とCGの合成技術の発展で、現実では不可能な表現ができるようになっています。

アニメーションは再生する絵を何千枚と描く必要があり、一枚一枚のわずかに異なる絵の連続画を高速再生して動きを出していきますので、デッサン力がある人が必要とされます。プロのアニメーターなどの絵描きのプロフェッショナルが手書きで丁寧に作業して映像を作り上げていき、様々な角度から描ける力が必要です。

このように、CG・実写・アニメーションなどの様々なジャンルの映像が動画広告では実践的に用いられています。

動画の広告の種類

動画広告には3種類あるといわれ、インストリーム動画広告とインバナー動画広告、インリード動画広告があると言われています。

まず、インストリーム動画広告です。インストリーム動画広告は大画面表示できるタイプの広告です。現在主流となっている動画広告フォーマットといえます。インストリーム動画広告は、視聴する動画コンテンツの前に再生される広告であるプリロール動画広告と、動画広告表示の数秒後に視聴を選択できるスキッパブル広告、スキップできないノンスキッパブル広告があります。

インストリーム型が登場した時には、プリロール広告が多かったのですが、動画の視聴中や視聴後に流れる広告も増えています。動画広告表示後、強制的に視聴するタイプのノンスキッパブル広告は、TVCMと同じ15秒となっています。一方、スキッパブル広告は1分30秒~数分という比較的長い動画広告が増えています。

インバナー動画広告は、動画DSPなどでプログラマティック配信されることが多く、従来型のバナー枠で配信されるタイプの動画広告です。そして、インリード動画広告は3つの動画広告フォーマットの中で、最も新しいタイプの動画広告フォーマットといわれています。Webページをスクロールし、動画広告が画面に出たら動画再生がなされる広告です。

広告と動画制作

インターネットが広く普及されるようになり、自宅だけでなく、外出中でも動画を利用する人も多く、その数は10億人にのぼるともいわれます。動画広告を制作するとことで、ターゲットとなるユーザーや価格帯などを戦略的に絞って、潜在的な層にアプローチすることができるのです。しかし、このよう動画広告を自ら作成するのは時間的にも技術的にも大変です。

動画広告にはインストリーム動画広告とインバナー動画広告、インリード動画広告などがあると言われ、どの方法が見込み客に効果的にアピールできるのかという点は素人では難しい点であるといえます。また、一口に映像といってもCG・実写・アニメーションなど、様々なジャンルがあると言われ、どのジャンルの映像が効果的なのかといった点についてもマーケティング的な視点が必要となります。そこで、動画広告を作製する場合は広告動画作成会社に依頼することで商品やサービスイメージにぴったりの広告動画を作成してもらうことができます。

映像制作会社ではこれまでの動画広告で培ったノウハウを用いてよりクリエイティブな動画を作製し、クライアントの広告ニーズに沿った動画作成を行ってもらうこと期待できます。動画による広告は視覚効果がありますので、よりユーザーに商品イメージが伝わりやすいというメリットがあり、そのような動画広告の特性をしっかりと活用してインパクトのある画像を作成してもらうことができるといえます。このように、広告の動画制作を考えている場合は制作会社に依頼するのはおすすめです。