CG・実写・アニメーション

一口に映像といっても様々なジャンルがあります。そこで、CG・実写・アニメーションなどのジャンルについて紹介します。

CGはコンピュータグラフィックスというコンピュータの仮想空間に3Dで描画するアニメーション技術を用いた動画広告のジャンルです。CGはCGを専門とする技術者によって制作され、CGのキャラクターや建物などが制作できます。実写は、現実にいる人間や風景などをメインに流す映像技術のことです。実写はCGなどのアニメの制作と違い、作画の必要はありません。撮った時点でメインの映像は完成していますが、実在の人や物の撮影をするという特徴性があり、高い演技力や撮影能力などが必要とされます。最近では、実写とCGの合成技術の発展で、現実では不可能な表現ができるようになっています。

アニメーションは再生する絵を何千枚と描く必要があり、一枚一枚のわずかに異なる絵の連続画を高速再生して動きを出していきますので、デッサン力がある人が必要とされます。プロのアニメーターなどの絵描きのプロフェッショナルが手書きで丁寧に作業して映像を作り上げていき、様々な角度から描ける力が必要です。

このように、CG・実写・アニメーションなどの様々なジャンルの映像が動画広告では実践的に用いられています。